燃やせ エンタメ魂

パーフェクトヒューマンを演じ続ける男のブログ

エンタメ魂8

あれから何日経っただろうか。

初めてのスロットが与えたその興奮の炎は、心の中に灯り、消えることなく日を追うごとに大きくなっていく。

スロットに熱中しゆく誰しもが経験するこの衝動に従い、2度目のスロットには、にわかに知識をつけた「ジャグラー」を選んだ。

 

4号機のジャグラーにあった「減算値」を使った「設定変更判別」。

 

これをお昼頃に行ってコツコツ行っていたのだから可愛いものである、既に当たっている台で。さらにそれが一種の攻略法で、コツコツ当たる気がしていた。

 

それほどに彼のスロットにおけるスタートはお粗末だった。

しかし面白いもので、時としてそれでも当たることもある為、その独自の理論「ジャグラー変更判別ペカリ打法」を確立しようとすらしていた矢先。

 

桜舞う春の陽気、たくさんの家族やカップルがお花見をするほのぼのした神田川添いを歩きいつものパチンコ店へ。

 

数日前に「朝から行わないと意味が無い」という当たり前のことに気が付き、この日はちゃんと朝から変更判別をする。

この時既に会得していた

「朝イチ変更判別してるフリカニ歩き打法」

でせっせと判別してるフリをして横に横にスライドしていると、

 

「ねぇ、それ何やってるの?」

 

と1人の男に声をかけられた。

年は少し上かな?といった印象で、割とチャラい格好をした痩せ型の男性。声が低いのが印象的だった。

菊池は少し驚きつつも

「これですか?ここだけの話…こうやって打つとよく当たるんですよ(ボソッ)」

と、会得したばかりのなんの効果もない攻略法を、惜しげも無く伝授したのである。

 

しばしの沈黙のあと吹き出す男。

「…ぶふっ!!君面白いなぁ!!!勉強になったわ!」

普通に考えれば馬鹿にされているのだろうが、初めてパチンコ店で人と話したこともあり菊池は嬉しかった。

にっこり微笑む菊池に、男は続ける。

「君、名前なんて言うの?」

「菊池って言います、菊池伸城です。」

「俺は柳川。菊池くんね、よろしく!」

 

人生は出会いの連続であり、運の要素があるとすれば間違いなくここに善し悪しがある。

 

この出会いは程なくして大きな財産となり、様々な出会いへと広がっていく。

第9話へ続く↓↓↓

https://www.entamedamashii.com/entry/2018/10/22/100708