燃やせ エンタメ魂

パーフェクトヒューマンを演じ続ける男のブログ

木村魚拓という名の男

ご無沙汰しております(*´꒳`*)

 

昨日の夜はとても刺激的な夜✨でしたので久々に筆をはしらせております५✍

 

 

いまから10年以上昔、地元のパチンコ店ホワイトに

パチスロ必勝ガイドのライターさん達が定期的に来店していました🎰

 

当時は6の札もさせたし、割とキッチリ設定を使っていた印象だったのでよく打ちに行き、高設定をツモっていました😎

 

その頃から超有名だった木村魚拓という名の男。

 

残念ながら僕は超シャイボーイなのでいきなり声をかけたりすることはまず出来ないから、隣で打っていても特に話しかけたりすることもなかったわけですが←

 

 

それから長い年月を経て昨晩、本当にトークの天才だと思うマリブ鈴木くんに紹介して頂いて、初めてお会いする機会を作ってもらったわけです。

マリブくんありがとう😌❣️

 

 

ある程度お酒も進み、僕のことも色々と興味を持って聞いてくださりつつ、まぁそもそもそこがめちゃくちゃ優しいなぁと思ったわけですが、雑談も交えてある程度温まってきたところでズバリ僕が木村魚拓さんに聞いてみたかったことは

「スロット界の未来への展望論」

 

業界の最前線を爆走している人が歩んできた道のりと、これから先をどう見て……いや、どう視ているのか

 

めーちゃくちゃ興味があって。

 

 

というのも、スロット界の未来を不安視する声が圧倒的に多い中、僕が17年間歩んできたお琴の世界に移し替えて考えた時に、邦楽界は年々縮小していると言われているけれどその実、僕には目に見えて縮小しているようには見えず、逆に考えればそれはもうじき縮み切るタイミングだからなのでは?とさえ思うほど。

一時の繁栄から衰退に向かったとされる時代が既にとうの昔に過ぎ去っているからと推測すると、最盛期に最前線を牽引した先人達の話を生で聞くことはもう叶わず、訳も分からないままそれでも伝統の音を後世へ紡いでいくことが使命だと捉えて、日本の心とも言うべき琴の音を絶やさぬよう奏で続けている僕としては例え違う世界であってもその最前線の思考に触れる事はとても興味深かったわけです。

 

 

そして木村さんの話が、期待していた遥か上をゆうに飛び越えては、一気に心の奥深いところまでスーッと染み入るようで、十数名での賑やかしい宴の席にあってその一語一句を聞き漏らさぬように気がつけば身を乗り出して食い入るように話を聞いていたわけです。

ふと我にかえってその体勢の自分を客観視した時に驚く程に前傾であったことが、その話の素晴らしさを物語っておりました😳✨

 

考え方や思考に触れて感動することって本当にとても貴重な時間だから、冒頭に書いた通りとても刺激的な夜✨、となったわけです。

 

 

どんな内容だったかを書いてしまうとうまく書けずにこの心の満足感が薄れそうなのであえて細かくは書かないまでも、僕が受けた印象、あるいは結論としては

「この人がいる限りは大丈夫」

でした。やはり人が作ってきた世界、なんだね。

 

 

 

宴の席にはルーキー酒井さん、八百屋コカツさん、トラマツさん、サーファー塩野さん、マッスル峠くんやスタッフの方々など、色々な面白い人が大勢いて、もっともっと話を聞かせて頂きたかった所😌また皆さんと飲みたいものです🍻🍺

 

 

人生の醍醐味とは、こうして心が満たされることの繰り返しなのでしょう。

 

おしまい