燃やせ エンタメ魂

パーフェクトヒューマンを演じ続ける男のブログ

にしやん結婚式

にしやんの結婚式はただただよかった

 

とても作り込まれた素敵な式で、余興などは一切なかったもののシンプルイズベストと言える一連の流れと、ウェルカムボードや細かく装飾された全てのものに温かみが溢れていた☺️

f:id:entamedamashii:20190716201611j:image

 

f:id:entamedamashii:20190716201638j:image

 

きっとその辺りはにしやんではなく

新婦が頑張ったのだろうww

 

 

その分、にしやんはムービーを頑張っていた🎥💕

業者に発注してしまえばそれで済む話ではあるが、そこをあえてこだわって作ったのはきっと「業者が高いから」ではなく、2人の思い出やエピソードを大切な来賓に伝えるのに自らの手で創り上げた作品で届けたいという彼なりの心の配り方であったに違いない😌

 

そして私の写真だけがやたら何枚も再生され、明らかに長かったのも彼の心の配り方であったに違いないが、何故変な顔の写真ばかりが連続で流れたのか、は今後の課題である🤡

(なお、個人的にはとても嬉しかったのは内緒)

 

 

そして唯一の友人であった「あんちゃん」と2人、結婚式場はやたらパンが美味い🍞という2人の意見がぴったり一致したおかげでひたすらにパンを食べまくり、お酒もたらふく飲みまくった🍻🍺🍷

 

f:id:entamedamashii:20190716202459j:image

 

 

(眠い…猛烈に眠い……)

 

 

一旦ホテルに戻った私はベットに横になり、そのまま二次会をバックれようかという考えが、本来なら横切っていただろう。

 

しかしこの日の

私の使命はここからである!

( ー`дー´)キリッ

 

 

そう、にしやんから二次会でのマジックショーを頼まれていたのだ🤓♡♤♢♧

 

f:id:entamedamashii:20190717033153j:image

 

まさか結婚式一日を通して余興が「マジックショーだけ」だとは思いもよらず、非常に責任重大である。

 

「ただ盛り上げれば良いんでしょ?問題ないよ、任せて💪」

 

 

と、にしやんを心配させまいとオファーの段階で言い切っていたので50名ほどの二次会参加者を1人も残さずに楽しませる義務があった。

 

 

「今回は特に余興も準備しておりませんが、東京から親友のマジシャンが来てくれてます!」

 

声高らかににしやんが言い放ったこの一言で湧き上がる会場。

 

上がるハードル。

 

(大丈夫、俺はやれる)

 

そう心に言い聞かせて高らかに右手を掲げ注目を一手に集めた。

 

 

どーも(*゚▽゚)ノ

 

 

あえて言うなら関西のノリの良さ、ではなかったと思う。

新郎新婦を取り巻く環境がいかに素晴らしく、素敵な人間関係が構築されているかということなのだろう。

 

かつて類を見ないほどにウケが良く、あまりに気持ちよくマジックが進んだ為により良いネタを提供し続け、大いに盛り上がりを見せた😳

 

 

是非この素晴らしい光景を見て欲しい。

f:id:entamedamashii:20190717031756j:image

 

50人規模のショーでは珍しく、誰一人漏れることなくマジックの世界に引き込むことが出来、新郎新婦の周りを笑顔と歓声が包ん

 

それはまさに僕が演出したかった世界そのものだった……

 

本当に大切な親友西田洋介の人生一度の晴れ舞台。この景色を創り出せたことが僕は心から嬉しかった😭

 

 

にしやん、ももちゃん、本当におめでとう❣️

 

 

どうぞ末永くお幸せに✨😉

 

菊池伸城